壬生菜

150321水菜漬物「みぶな(壬生菜)」は葉が丸く、「みずな(水菜)」は葉がとげとげしているので、みぶなを「まる水菜」と呼ぶこともあるようです。みぶなは使い道が少ないのか、八百屋さんで見かけることはあまりありません。「ガレリア道の駅」「たわわ朝霧」「出雲神社」などで買ってきます。昔々のその昔、みぶなとクジラの煮物を食べたような記憶があるのですが、ネットでレシピを探しても見つかりませんでした。記憶違いかな。あげと煮るか塩漬けしか作りません。

取り出したばかりのときは、いい香りが楽しめますが半日おくと香りはなくなります。こまめに取り出して刻んで食べます。画像に見える小さな黄色の物体は我が家伝統の「ゆずの皮」です。シーズンになるとせっせと皮をはいで、裏の白い部分をそぎ落とし、細かく切って少し乾燥させ、冷凍保存します。漬物を食べるときは必要分だけ取り出して解凍し、塩こぶとともにまぶします。

カテゴリー: わび住いの素浪人 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。